自然に身を委ねてみよう(野宿体験)

森に囲まれた自然農園ビヨンドで野宿体験をしてみませんか?
夜は真っ暗、ガスも水道も電気もありません。だからこそ、綺麗な星が見れたり、焚き火の揺れる炎が心地よかったりします。
鹿の鳴き声なども聞こえ、自然を身近に感じることが出来ます。

水は持ち込めます。
トイレはそのへんで^^
ランタンや懐中電灯も持ち込めます。テントの持参もOK♪

焚き火をするといい感じにほんのり明るくなります。

狙い

  • 電気、ガスなどの『当たり前』が『有難いもの』であったと気づく。
  • 同時に、薪やカマドを提供してくれる自然の恵のありがたさに気づく
  • 非日常を共に過ごすことで親近感、繋がりを増す
  • 開放的なシンプル空間において、普段話さないようなことを話し合う

過去の野宿体験の様子

詳細

  • 日時;  開催日はスケジュール参照 16:00~翌朝8;00 (雨天時の開催有無は参加者内での話し合いで決定)
  • 場所;  自然農園ビヨンド(北杜市明野町) >>アクセス方法
  • 料金;  無料(準備や維持管理にお金がかかるのでカンパ歓迎)
  • 内容;
    ・薪を拾い、焚き火;焼きマシュマロなど、やりたい人はご自由に
    ・ビバークテントなど設置(テントやブルーシートなどは各自持参)*1
    ・竹灯篭作り(希望者用オプション 500円/個)これを照らすと雰囲気アップ?
    ・夕食、懇談(基本、自分の食べ物持ち込み。その場での調理も可能)
    ・希望者は温泉へ
    ・宿泊
  • 持ち物; 食べ物(夕ごはん、朝ごはんなど)、飲み物、長靴、宿泊道具(テント、寝袋、ブルーシート、シルバーシート、寝間着など)、蚊取り線香など

※1) 無い場合など、ご相談ください。自然農園ビヨンドで購入、準備し、実費徴収という形も可能です。

[button color=”orange” url=”http://beyond-farm.com/contact/appointment” position=”right” size=”medium”]参加申し込み、問い合わせ[/button]

この野宿イベントには少し説明が必要かなと思い、補足させて頂きます。

開催の趣旨

人々が自分の人生、想い、夢などをシェアできる場を持ちたいなとの想いで開催。
静かで開放的な空間で、ゆったりと火を眺めながら皆の心が軽くなればいいな~と思っている。

ルール?

『野宿』と銘打っているのは、設備なんてなくても何でも気軽に参加してねという意味。形式に決まりはなく、テントを持参してもらっても全然問題はないのだ。まぁ、蛍光灯とかラジカセなどを激しく使用するとちょっと静かな空間からは離れてしまう気もするので、その辺の判断に迷った場合にはご相談下さい。

夕食

基本各自持ち込みとなっているのは、これも実はまるっきり自由で、参加者同士で無理の無い範囲で一番楽しいやり方を決めましょうというような感じなのだ。
ホストの自分が全てを用意することもできるが、それにはかなり手が掛かるし、料金も無料にはできなくなってしまう。
友達とやるバーベキューのように各自食材を買ってきて最後に割り勘にして皆で調理という形は一番楽しいと思うので、だいたいはそんな感じでやることが多くなるとは思うが、無収入の自分としてはこの形式の場合、一つ問題が生じる可能性もある。
せっかくだからと素晴らしい食材を持参して頂いた場合に一人あたりの料金が高額になるとしたら、自分としてはこの無料企画自体を存続できなくなってしまうのだ、、 自分だけお弁当持ち込みで別会計という寂しい作戦もあるが、それも雰囲気上イマイチになるから、、、

という事で、私はあまり払えませんので、割り勘の場合にはあまり高級な食材はかんべんしてね。
もちろん、個人用に持ち込んでもらうのはバッチリOK。

イベント自体、実際に経費はかかってしまうが基本的に無料でOKという事にしている。
もしお金が理由で参加できないなんていうことがあったらつまらないからね。
そして、お金に余裕がある人や、思わず払いたくなってしまった人がいたら、その時には『善意の箱』にでもさり気なく入れて頂ければ無理がなくていいかなと思っている。
そんな寄付がもし集まれば、ティピーのカバーが完成しちゃうかも♪