04 『思いが現実を創る』

イブは理想の暮らしとはどんなものだろう?というのを掴むため、海外移住も視野に入れ、色々な国を見て回っていた。 ある国に半年間住んでから自国に帰ってきた時、皆に言われた。 「うわ~、随分太ったんじゃない?」 自分は全然実感がなかったのだが、それを強烈に知らされるタイミングが来た。… 続きを読む

03 『Smile and Shine!』

これは見えないものは信じなかったイブが、見えないもの(心)こそが全てだ!と気づき、それに基づいて行動するようになるまでを描いた物語である。 イブは思想家時代、どうしたら皆が幸せになれるのだろう?と日々考えていた。 そして、それにはまず不安がなくなるのがいいなと思った。 しかし色々と検討していると、不安の対処法なんかを考えているうちは不安はなくならないことがよくわかった。… 続きを読む

友達とお花見

明野町の保育園仲間に誘われ、地元の広場でお花見をすることに。 北杜市明野町は、今、桜が満開なのだ。甲府は既に散り、小淵沢などはまだとのこと。 保育園では、子供たちは密に接しているものの、親同士は中々親睦を深める機会が持てていなかったので、誘って頂けて嬉しかった。気軽に話し合えるようになれば、お互いの支え合いがやりやすいしね。 特に、今年は自分が明野の区長会会長で市などへの要望を出す取りまとめ役なのだから、気軽に皆に意見を出してもらえる関係を持てるのは明野町にとっても、良いことだと思う。… 続きを読む