おととわの太田夫妻が来塾 ~心に素直に~

おととわの太田夫妻が来塾 ~心に素直に~
愉快な仕掛け人を目指しているという「おととわ」の太田夫妻がビヨンド自然塾に来てくれました。彼らとは国立環境研究所のプロジェクトでの会議でお会いし、お近づきになりました^^ 「いい人や、かっこつけることやめると、本当に楽ですね(笑)」 と笑う美保さん。肩の力が抜けた感じでいいですね~。 そんな太田さんが体験談を書いてくれました。… 続きを読む

茨城から家族が(オープンファーム)

茨城から家族が(オープンファーム)
私のSTORYSの記事を読んで興味を持ってくれたという茨城県の親子(A太&Hiroko)が訪ねてきてくれました。NPO法人みんなの街のお試し滞在施設にお泊りいただいたので、その時の様子はNPO法人みんなの街のホームページに紹介してあります。 参照お試し滞在の一コマ11 ~自然の中に~ そしてA太&Hirokoさんが体験談を書いてくれましたので紹介します。 体験談 A太&Hiroko… 続きを読む

自然の中での子育て オープンファーム

自然の中での子育て オープンファーム
東京から北杜市に移住してきたばかりのNさんがオープンファーム(農園見学・気軽体験)に来てくれました。ホームページをご覧になり、とりあえず繋がりを得るためにでもと思ってくれたそうです。 お子さんは虫を喜んで捕まえたり、キノコを怖がったり?!、ビヨンド自然塾のフィールドで遊んでもらいました。 Nさんは自由教育のようなものにも興味があるようで、個人的な私の想いなどもお話させて頂きました。 こんな感じでビヨンド自然塾ではいつでも気軽に人々が訪れるようにしています。… 続きを読む

ビヨンド古民家改修 ボランティアさん達と vol.3 ~ボランティアを通じて学んだものとは?~

ビヨンド古民家改修 ボランティアさん達と vol.3 ~ボランティアを通じて学んだものとは?~
私がボランティアを広く募っているのは、ただ手伝ってくれる手が欲しいからではありません。作業を通して伝えたいことがあるからです。 手前の床と、奥の部屋の土壁修復を行いました。 それが全員に伝わっていたようなので凄くうれしいです! 彼らが体験談を書いてくれましたので紹介させていただきます。… 続きを読む

空き家改修ボランティアに参加して 愛知県 S君

「空き家改修?面白そう!」そんな想いから3/7~9までボランティア活動に参加いたしました。 ホームページには、丸太を切っていたり床を張り替えている写真があったりして、力仕事の多いイメージでしたが、現場に着くと案外そういったことはなく(笑)楽しく活動出来ました。 内容としては、壁や天井を剥がす、床下に断熱材を敷き床板をその上に敷く、土壁を作り風の通る隙間に埋めていく、といった作業を行いました。 他にもビヨンド自然塾のフィールド散策や、そこにあるブランコで遊び、まるでハイジになったような気分になったり(笑)、休憩中には焚き火をして温まりお湯を沸かしたりと、様々な経験をしました。… 続きを読む

空き家改修ボランティアに参加して 愛知県 K君

今回、この活動に参加させていただき多くのことを学ぶことができました。 床の張替え、壁の破壊、土壁作りなどなど、普段の生活では体験できないようなことをたくさん経験させていただきました。個人的に、1番印象に残っているのは土壁を作っていったときです。土と水と藁だけで、しっかりとした壁が作れることに感動し、またそれが自分の身の回り(自然の中のもの)から簡単に作れるということにもかなり感銘を受けました。実家にも今回対象となった家と同じような古い造りの蔵がありますが、構造をまじまじと見たこともなく新しい発見も多かったです。帰ってからその蔵を何気なく見てみると、壁には隙間が多々あり、冷たい風が吹き込んでくる状態でした。ただ、今回対象の家の修復前を見ていたので「あ、直せるじゃん。あわよくば生活もできるじゃん」と考えてしまう自分がいて、少し可笑しくなりました。以前ならば「こんな汚いところは放置するか壊すかだな」などの考えしか浮かばなかったでしょうが。 このように、作業の中で自然の活用方法の豊富さなどを学ぶことができましたが、何気ない会話の中でも多くのことを学ばせていただきました。室田さんの「人の作った道を通るのは誰でもできる。自分から作れる人が本当のできる人だ。」という言葉には心を打たれました。テストなどは勉強すれば誰でもできるのであるから、今、本当に自分がすべきことをよく考え、また、これをやるよりも良い方法があるんじゃないかと、常にアンテナをはりながら生活できるようになりたいと思いました。 このような普段体験することができないものに積極的に参加することで、その分野の知識は増えるかもしれないです。ただ、それだけではなく、自分が人間的に成長できる絶好の機会でもあるな、と感じました。… 続きを読む