学生よ、自分の気持に素直に生きよう!

学生よ、自分の気持に素直に生きよう!
大学生が訪れてくれました。社会人になる前に、視野を広げておくのは非常に良いと自分は感じているため、彼らのような若者にはドンドン、ビヨンドに来てほしいですね。 一緒に山に登ったり、お話をしたりしました。 [瑞牆山、倒木がすごかったです!] そしたら、、、面白いですね~。… 続きを読む

家庭教師の一コマ ~実はできる!~

家庭教師の一コマ ~実はできる!~
学校の授業についていけなかったり、授業中に落ち着いて座っていられないと、「この子は頭が悪い」、「ちょっとおかしい。障害があるのでは?」などと周りから言われたりすることがあるようです。 実際、自分の知り合いでも何件かそういうケースを聞いていますが、自分が直接その子達と話した感じでは別に問題ないんですよね。 自分は小学校の頃、落ち着いて授業を受けていたとは言えません。授業中に海に遊びに行ってしまったくらいなので^^; でも、自分は自分が頭が悪いとは思ったことがありません。むしろ、ただ黙って先生の言うことを聞くというのは思考停止的な感じに思っていました。… 続きを読む

内観ワークショップ 2018.11.26-28

内観ワークショップ 2018.11.26-28
仕事、健康、子育て等、、、目の前の事柄に対処することで精一杯で、自分が本当に望むものが何かなど考える余裕もないなんてことは無いでしょうか? 競争社会、経済社会の中では、常に走り続ける必要性を感じがちです。 しかし、自分がどこに向かって走っているのかをしっかり考えたことはあるでしょうか? いつしか行動基準は経済優先になっていたり、効率や自分にとってのメリットばかりを考えることになりがちです。… 続きを読む

言って聞かせる子育て ~相手の気持を汲んで~

戦うのではなく仲間に! 人と交渉する際、議論したり、相手を打ち負かそうとしたり、相手よりいかに自分に有利にしようかとか考える人が多いように感じられます。 勝ち組、負け組などというワードが象徴するように、他人との比較を常に意識しながら生きている人が多いように感じられるのです。 相手にプレッシャーをかけることで、相手に何かをシブシブさせて「勝った!」みたいに喜んでいる人も見かけたりしますが、自分からすると「もったいないやり方だな~。もっと楽しくやれるのに」と思います。… 続きを読む

一歩踏み出すことの重要性=覚悟 ~経験の上書き~

平日遊び部で行ったイベント『繋がりキッチン』に興味を持ってくれる方が多かったので、少し補足します。平日遊び部とは、社会の常識に縛られずに自由な発想で生きる人を増やしていこうという活動です。 一人ではやりにくくても、他にも勇気を出して踏み出している人などを見れば勇気も出るでしょうし、何より楽しいですからね! 自分はいつも自由に生きてきているので、それを他の人達にも体験してもらったり、そのやり方を伝えたりしています。 平日遊び部は年齢とか職業とか関係なく、どなたでも参加可能です。facebookのグループページもあります。… 続きを読む

筏下り+繋がりキッチンの第三日目の様子

筏下り+繋がりキッチンの第三日目の様子
平日遊び部のイベント、『筏下り+繋がりキッチン』。 三日目は繋がりキッチン!これは前2日のレジャー的な雰囲気とは変わり、参加者に緊張感が出てきます^^(逃げ出したいと思っていた人もいたほど) 『繋がりキッチン』とは? お金に頼らずに材料を調達します。近くのおじいさんなどにじゃがいもをもらったり、お鍋を借りたりして、繋がりの力のみでご飯を作ります。食材を提供してくれた方々には各自でお返しとなるもの、事を考え、実践してもらいます。よく『0円食堂』みたいなやつですか?と聞かれます。自分はその『0円食堂』はみたことがないのでよくわかりませんが、コンセプトは多分かなり違うと思います。… 続きを読む

初恋の人に連絡 ~ずっと伝えたかったんだ~

自分もなにかしたい! 自分は心に素直に生きることを人々に伝える活動をしています。そして物凄く嬉しいことに、伝えている人達がかなり変化していくことを目の当たりにしています。自分の本当の気持に向き合うのは凄い勇気や覚悟が必要だったりします。 物凄くキライだった人を理解し、過去に嫌ってしまったことを謝るために電話をしたり、つまらないいざこざから音信不通になってしまった昔の恋人にメールを送ってみたり、、、、多くの人が「まぁ、いいや」で済ましそうなことをしっかりと自分に向き合い、行動に出るのを見ていたら、なにか自分もやりたくなってしまいました^^ 基本的に過去に不満とかなにも無いのですが、一つ、時折思い出すことがありました。… 続きを読む

自由教育 ~私立・公立関係ない!自由は自分で切り拓く~

自由教育とか勉強の仕方について悩んでいたりする人から多く質問を受けますが、自分の答えはこうです。 「その子の好きなようにやらせてあげたら良い。どんなことが出来るかなどのビジョンを示してあげるのが大人の役割。」 しかしながら、普通の学校にこれを望むのはかなり難しかったりします。先生が生徒一人一人としっかり関わり、それぞれの個性に合わせる余裕はなかなか取れないでしょうから。逆に、自由教育の学校に通わせたとしても、『自由』が学びから逆に遠ざけてしまう例も多いです。(学ばなくても良ければ学ばないことを選択する子供は多い) 子供達が自発的に学びたいと思うかどうか、、これは身近な人達の影響が一番大きいですね。逆に言えば、そこがしっかりしていればどのような学校に通ったとしても、あるいはどこにも通わなくてもしっかり育つと自分は感じています。… 続きを読む